長森集落屋号マップ完成!
国士舘大学二井研究室による2016年まちづくりフィールで演習の成果がようやく完成しました。対象は新潟県南魚沼市長森集落、未だに屋号が根強く残っていて名前より屋号が優先される地域です。とはいえ時代の流れと共にそんな文化も変わりつつあり、若い人から見ると屋号も徐々に遠い存在になりつつあります。屋号調査というと簡単なようですが実はディリケートな要素が結構ありなかなか大変でした。地元でも薄れつつあり屋号文化にしつこく切り込んだ二井研究室には恐れ入りました。記憶より記録。今回の調査は曖昧になりつつあり屋号文化の今をきちんと残していただきました。地域の皆さんから感謝のコメントが届き始めました。二井先生と熱心に調査をしてくれた二井研究室面々に心から感謝します。どうもお疲れさまでした。ちになみに我が実家の屋号は九兵衛。

c0196764_15002281.jpg

c0196764_15003988.jpg
by nagumodesign_news | 2018-05-22 14:59

<< 運輸と経済2018 6月号 特... 日経xTECHウエブ記事「土木... >>