温泉津温泉
出雲神門通りに行ったついでに島根県温泉津温泉へ。世界遺産石見銀山の鉱石の出荷港でもあった温泉津。寂れた佇まいが情緒的でふっとタイムマシーンで昭和の町に降り立ったよう。
昨年から大田市によって景観整備が行われています。そのメニューのひとつ、照明の新設。歩道照明、フットライト、加えて神社や山、石切場などのライトアップをデザインしました。全体を四期に分け現在一期が終了したところ。徐々にイメージが見えて来ました。暗い街なみにフットライトが意外に効いています。

c0196764_13201120.jpg

c0196764_13201435.jpg



by nagumodesign_news | 2017-05-02 13:18

<< 佐渡相川文化的景観地区の案内サイン 高山駅西口広場時計塔完成 >>